topimage

2019-12

英語、免許皆伝 - 2019.11.04 Mon

学校教育における英語の授業について考えてみる・・・

 ニュースレベルでの情報ですが、大学入試のための英語民間試験の実施が延期になったそうです。時分は受験しませんし受験する配偶者や知人もいないから聞き流していたニュースではあります。コンセプトは日本人が中高6年間英語の授業を受けていてもほとんどの人が英語をしゃべれない現実です。
萩生田文科相が「身の丈に合わせて・・・」って言ったことでこの新制度がワイドショーにもバレてしまい、スタート直前で延期という事態になりました。憲法26条とか教育基本法4条とか持ち出して批判してるマスコミもありましたが、萩生田さんも受験生ではなかったので、この受験改革については興味がなかったんでしょう。だって9月に文科相になったばっかりだからね。そりゃ他人事でしょ。
朝の通勤電車で立ちながら入試テキストを読んでいる高校生を見かけます。スゲー難しいだろう問題を解いてる姿は、コドモって勉強してるんだなぁって漠然と思います。駅の階段に答えを隠す赤いシートのアレが落っこちてるのを見ると、受験ガンバレって思ったりしますよね・・・ 
英語の勉強をしていないから英語が喋れないというには、彼らは十分過ぎるほど勉強してるって気がします。それなのに、何で日本人は勉強しても英語が喋れないのでしょう?

 日本人が経験する英語の授業や試験がなにを目指しているのか? そこを考えれば答えが見えてくると思いました。例えば有名どころでいうとECC や駅前留学NOVA などは、英会話ができるようになるための外国語教室です。このタイプは英語だけではなく、訪日外国人向けの日本語教室なども同じ形態でしょう。今、文科省が悩んでいるのは英語教育では英語が喋れないということですよね? それだったら英語の授業をECC に委託すれば解決しそうです。国立大や有名私立を受験する人で予備校に通ってない人はいないでしょう。でも受験用にNOVA へ通ってる高校生がいるとも思えません。高校3年間 NOVA に通っていたら入試前に英語が話せるようになるかもしれないのに。
このパラドックスは大学が求めてることが英語が話せることではなくて英語の学力を求めてるから発生します。ボブやスティーブと英語でバカ話ができても、答案用紙に答えが書けなければ大学に入れません。それは英会話教室の範疇ではないと思ったんですが、調べてみたらECC にもNOVA にも中高生向け受験コースがありました。企業はとっくに新受験制度に対応してるんですね。駅前留学というのはサラリーマンが無駄なあがきをするための教室です。そこにアスリートのような現役受験生が来るのはどうなんでしょう? 
せっかくの英会話教室も受験生用のカリキュラムにしちゃうと、やっぱりほとんどの人が大学合格後には喋れなくなると予想できます。

 英語が喋れない人たちにとっては中高の英語に授業が全く無駄だったのか?といえば、そんなのとは絶対にないと思います。大国人たちも日常的に英語外来語や和製英語、英語のフレーズ、カタカナ英語など、日本人くらい喋れもしない言語を日常会話に取り入れている国は珍しいでしょう。ちなみに片言のウズベキスタン語とか和製テュルク諸語を話してる日本人に会ったことがありません。もしかしたら森薫さんは話してるかもしれませんけどね。何でウズベク語を日本人が使わないのかといえば、中高でウズベク語の授業がないからでしょう。大学でフランス語を専攻したボンクラ学生の卒業後のフランス語力もヒドいもんですけどね。
英語が話せるようになることと英語が喋れるようになることは違います。英語を話すというのは英語で会話をするという意味です。基本的に文法と発音、ヒヤリングの全てを駆使してできることで、学校の英語教育はココを目指してるんでしょう。英語を喋るというのは「イノベーション」とか「アグリー」とかの英語は、英会話ではなくて単語を言いたいだけです。「not release the boll」は英会話っぽい感じですが、「ノット リリース ザ ボール」という覚え立てのラグビールールを言いたいだけです。
普通の日本人にとっては外国人と話せることよりも、「ノット リリース ザ ボール」がボールを離さない反則なんだとイメージが湧くことが需要です。フェンシングで「ポワント アン アンリニュ」と言われても「ああっ pointe en ligne だね」っていう日本人は少ないです。それはほとんどの学校にフランス語の授業がないからです。
会話もできない英語教育を否定する教育関係者も多いですが、日本人の無駄な英語の読解力は無意味だった英語の授業のたまものです。英語の看板でも「SHOP」とか「RESTAURANT」とか見ただけで結構わかるじゃないですか? 日本人ができないのは英語での発音と相手の英語を理解し頭の中で英文を組み立てることです。それを一般に英語が話せないというんですけどね・・・

 現在の英語教育はモータースポーツのライセンスに似ていると思います。クルマを運転するのに必要なのはクルマでも車庫でもなくて自動車運転免許証です。コレがあれば自分のクルマでも他人の車でも運転できます。この自動車運転免許証とは別にサーキットなどでレースに出る場合はJAF 公認のモータースポーツライセンスが必要です。
自動車運転免許証がなくても8歳からカートのライセンスは取得できます。カートの大会で成績が優秀な場合は上位カテゴリーへステップアップできます。スゴく優秀な成績をたたき出せた人は16歳からA級ライセンスの取得が許されます。つまり16歳でもクルマ(レーシングカー)に乗る資格が得られるということです。当然レーシングカーなので公道は走れません。
じゃあ「クルマに乗りたいんだったら8歳からカートに乗って競技大会に出れば、16歳からクルマに乗れるじゃん」っていうことになるか?っていえばそんな人はほとんどいません。カートからレーシングカーのライセンスを取る人たちは将来 F1を目指すという野望があるコドモとその父親です。普通の人がクルマに乗る目的は、仕事に使うとか買い物に行くなどの日常生活に沿った用途です。よって自動車運転免許証も普通の使用方法にそった試験を行います。大型2種や特殊な重機はそれなりの技能試験や学科試験が必要です。
中高の英語の授業はモータースポーツのライセンス試験を撮るための勉強になっちゃってるんじゃないでしょうか? クルマの場合はレーサーを目指す人のみがモータースポーツライセンスを取るのですが、普通にクルマにのるためには自動車運転免許証を自動車学校で取ればいいんです。だったら英語を話せるようになるには英語の専門的?な知識や文法よりも自動車学校のような誰でも英語が話せるための授業をすればいいんでしょう。
自動車学校へ通えば誰だって免許証はもらえます。実は猫だってもらえるくらいクルマの運転は簡単です。しかし自動車運転免許証ではサーキットを走れません。でもほとんどの人が人生で一度もサーキットで走る必要性を感じることはありません。同じように自動車学校のような授業では大学に入れませんし、大学や一流企業が大好きな英語検定のTOEIC で点数を取れません。だけど誰も英会話ができないまま卒業するくらいなら、高校卒業時点で外人とお喋りができるくらいの英語力や度胸が身につく授業をしたほうがいいんだと思います。それじゃ国際競争力はどーするんだよ?ってことになりますが、そーいう英語力が必要な人生を進む人は自力で予備校でもTOEICでも頑張ればいいんです。
そもそも外資系や国家公務員を狙う若者は学校の授業なんかの英語力じゃムリです。教室に40人座らせてひとりの先生が授業をしている英会話教室なんかありません。構造上教室の授業では英語に授業は不可能です。方法は簡単です。英語を一切の入試から外せばいいだけです。このアイデアは萩生田さんのアイデアと違って受験者への負担はゼロになります。

 クルマ離れの昨今ですが、運転免許証を取らない人が年々増えてるイメージです。クルマを所有することの不経済性や公共交通機関の利便性を主張する若者は多いようです。都会ではクルマがなくったって不自由しないどこるか、クルマのないライフスタイルが確立してます。
英会話ができなくったってさんまさんが宣伝してる翻訳機やスマホのソフトでも外人とのコミュニケーションをとるテクノロジーは日々進化しています。クルマの免許証をいらないっていうように英語の点数もいらない社会になりつつあります。それじゃ機械が話すから人間が英語を勉強しなくてもいいのか?といえばそれもNOです。海外から来たラグビーファンに「ジャッカル」とか「ノックオン」とか言いたいじゃないですか! それには英語でおしゃべりできるくらいには授業で習うべきです。
体育の授業でサッカーをやるにしても「両サイドハーフが戻ってプレスをかける」とかやりませんよね。だいたいのサッカーという競技を日本中の生徒が経験できればそれで十分に価値のある授業なんです。それくらいの教科で十分なんじゃないのかな?

 ネットでTOEICのことを調べていて疑問に感じたことがあります。自分はTOEICをトイックだと思っていました。でもトーイックが正式な発音のような感じでした。テレビヤラジオでTOECIについて発言する人はそれなりのコメンテーターだと思います。全然アカデミックではないキャラの人はあんまり英語検定とか言わなそうです。自分もまったくアカデミックと無縁な生活ですから、コメンテーターの多くがトイックと発音していたんじゃないかと思われます。それとも自分にはトーイックがトイックに聞こえるっくらいヒヤリング力がないのかも・・・?


「ほぉ」って思ったら押してね

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://likea777.blog33.fc2.com/tb.php/456-f222a162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いつまで書くつもり? «  | BLOG TOP |  » にゃんこの公共性

管理人のらいかです

マンガを描くという事を目標にして
マンガの描き方を考えるブログです
(ネタバレの可能性があります)

は記事の内容に「ほぉ」と
思えたら押して下さると嬉しいです

最新記事

訪問していただいた人数

月別アーカイブ