topimage

2018-05

ニワカと呼ばれて - 2015.05.16 Sat

キヨシ、絶好調!

 この日記では「いつもマンガばかり読んでいる人」という認識でしょうが、自分はマンガが趣味というつもりはありません。 浦和レッズのサポーターとして毎年年間シートやレプリカユニ等の熱いサポートをしていますが、それは趣味ではなくて「生き方」の問題なのでサッカーが趣味と思ったこともありません。 アウェーの試合を観戦するために毎月のように広島や新潟、仙台などに行きますが、旅行というよりも出張という感じのほうが強いです。 趣味として本当にやりたいコトはちまちましたクラフトっぽいことなんですが、なかなか活動(サッカー観戦)が忙しくてクラフトにかけるパワーが足りないような日々です。
世の中というか会社の人たちにとっては「趣味はひとり一個まで」みたいな思い込みや決めつけがある感じがします。 極めてサラリーマン的なんですが、ゴルフが得意な人は四六時中ゴルフをやってるという社内評価になっちゃいます。 自分は毎週サッカーを観に行ってる人というカテゴリー入っています。 まぁ、「マンガを描いたり読んだりの人」って思われるより「サッカーを観たり蹴ったりの人」って思われるほうが生きやすい世の中なんです。 世の中とは他人をカテゴライズすることによって人間関係を安定させたがるモンです。 何を考えてるのかよくわかんないという不安を「あの人はこーいう人だから」って思い込むことで安心するんですよね。 

 サッカーファンと野球ファンというのは相容れないというかお互いに反目しあう関係にあると思われています。 とくに後発のサッカーファンが過剰にアンチ野球という立場を取りたがる印象です。 自分も会社ではサッカー派というカテゴリーなんでしょうが実際は野球も大好きだったりします。 もともと横浜ベイスターズというか横浜大洋ホエールズのころからのファンでした。 当時は野球にそんなに詳しくないガキンチョだったのと、さしたる熱狂もなかったので薄い記憶ですが、関根監督の時代ころからのファンでした。(いつの話だよ?) それで今ちょっとした問題が起こっています。 最近というか今年のシーズンになってDeNAベイスターズが絶好調で単独首位になっていることです。

 DeNAベイスターズ セリーグ1位 勝率.619 貯金10 巨人とゲーム差 3 (5月17日現在)

 こうなると楽しくなっちゃうのですが、会社ではこの楽しさが受け入れられていません。 社内の若手にはベイスターズファンが3人ほどいます。 彼らにとって自分は「強い時だけ現れる、エセ・ベイスターズファン」という扱いです。 W杯の季節だけサッカーファンになる人や、オリンピックの時だけカーリングを語るようないわゆる“ニワカファン”ですね。 彼らにとっては自分はサッカーファンという認識だから「強くなった時だけ話題に乗っかっているだけでしょ?」っていうことです。
たしかにここ数年というかTBSのチームになったころからプロ野球にはまったく興味がなくなっていました。 というか失望していました。 別に強い弱いが応援する根拠ではありません。 関根さんが監督の時代だって目眩がするほど弱かったです。 サッカーで自分が応援している浦和レッズだって発足当初はJリーグのお荷物でした。 TBSという会社の心根が許せなかったのです。 その後、DeNAに変わって「ボクが知っているチームは今はもう、横浜あたりにも心の中にもない」って感じでした。 ホッシーくん以外のマスコットは認められないですし!

 中畑 DeNA になってちょっとづつ関心が戻ってきて、勝敗が気になりだしたと思っていたらまさかの快進撃。 いつの間にかロートル集団だと思っていたチームもキヨシが若返らせてくれました。 会社のみんなと一緒に喜びを語り合いたいんだから、ニワカファン扱いは止めてくれ・・・ 野球談議したいんだよぉ! たしかにファン歴を停止していましたが、君たちが生まれる前から横浜スタジアムに通っていたんだから。 日本シリーズの西武ドームにも観に行ったし。
とにかく話題に乗り遅れないように勉強しようと日曜の広島戦をスカパーで観ました。 そしたらずーと連勝していたのに2-1で負けちゃいました。 筒香も打ちませんでした(泣き)

「ほぉ」って思ったら押してね

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://likea777.blog33.fc2.com/tb.php/261-4ff52ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

体脂肪率 信じる? «  | BLOG TOP |  » コミティアの第1位?

管理人のらいかです

マンガを描くという事を目標にして
マンガの描き方を考えるブログです
(ネタバレの可能性があります)

は記事の内容に「ほぉ」と
思えたら押して下さると嬉しいです

最新記事

訪問していただいた人数

月別アーカイブ