topimage

2019-10

効率のいいアニメ - 2013.05.05 Sun

アニメ「銀河機攻隊マジェステックプリンス」です。

 マクドナルドが9年ぶりに減収減益になるそうです。 マックといえば「朝に無料のコーヒーを貰いに行って、ファミマで買ったフランスパンにソーセージが入ってる長いパンと一緒に営業車で朝ごはん」というくらいしか思い出がありませんです。 またコーヒー無料やらないのかな?
多くの方々がマック離れを「値段のせい、サービスのせい」と言っています。 マックの社長も業績悪化の理由については価格とコストのことしか発言していません。 一番ヘンな意見は「不味いから売り上げが下がったんだよ」っていうコメントです。 この「不味いコメント」をネットで書いてる人たちの「オレは言ってやったぜ」っていう感じは伝わりますが、そんなモノはマックの減収の大きな理由ではありません。 自分の記憶が正しければマックは初めからあんまり美味しくありませんでした。 モスバーガーのほうは品質(味)を下げたことが売り上げダウンの原因と言えるでしょうけどね。
では、マックの売り上げを支えてきたのは何でしょう? それはコマーシャルにつきると思います。 日本で一番広告費を使ったハンバーガー屋さんがマクドナルドでしょう。 一番宣伝してるのがコカ・コーラだし、シェア1位ということはそーいうことだったりします。
 
 そもそも、すかいらーくとマクドナルドはハンバーグの概念を変えてしまったんだと思います。 本来のハンバーグというモノはあんな平べったいカタチではなかったハズです。 「ハクション大魔王」に出てくるハンバーグは丸くてふっくらとしていたような記憶があります。 ファミレス=ハンバーグという印象ですが、昔はどちらかと言えば喫茶店の料理っていうイメージでした。 喫茶店のメニューの活用はトースト・ナポリタン・エビピラフ・カレーライス・ハンバーグ定食っていう感じでした。 エビピラフまでは冷凍食品やレトルト?って疑惑もありましたが、ハンバーグは真剣に作っている店も沢山ありました。 自分が子供のころは親がほとんどファミレスに連れて行かなかったので、実家を出るまでファミレスにはあまり入りませんでした。 今の子供たちは子供のころかガストのハンバーグを食べてるんでしょうが、 喫茶店のハンバーグを基準にすると「何だこのぺらぺらは?」って思います。 母親が作ったハンバーグだって丸いカタチだったしね。
母親のハンバーグには苦い思い出もあります。 味が苦かったのではないんですが、高校時代に弁当を作ってもらっていた時期がありました。 その弁当のおかずがハンバーグだったことが多かったのです。 なんだか彼女はハンバーグを作るのが好きだったようでした。 しかし、かなりの確率で中まで火が通っていないことがありました。 完全なレアなのですがポーク100%なのでうかつに食べると危険だし、そもそも食べられたもんじゃありません。 弁当箱に生ハンバーグだけがどんどーんっと入っていて「どーすんの?」っていう日々でした。

 本題の「マジェステックプリンス」ですが、今回の日記は作品に対して肯定的な内容じゃありません。 こーいう作品を待っていた方や楽しみにしていアニメファンの方々には今回の日記の内容には共感できないと思われます。 この2作品は今のアニメの王道ですし、アニメファンには納得できるクオリティーだと思います。 もしこの作品のファンの方々にはこれ以降は承服しかねる内容になります。 
その場合には「ハンバーガーの思い出」という日記だったということでご了承いただければ幸いです。



それでは本編の「銀河機攻隊マジェステックプリンス」です。

 「マジェステックプリンス」はこの春から始まったロボットアニメです。 以前の日記で取り上げた「宇宙戦艦ヤマト2199」と「翆星のガルガンテイア」を含めて3作品を観ています。 これ以外にも「革命機ヴァルブレイブ」と「進撃の巨人」も1話だけ観ました。 革命機ヴァルブレイブはサンライズ作品なのですが、“学園+戦争”という設定の段階で可能性を感じられませんでした。 とくに大食い比べのエピソードで「もういいや」って思いました。 進撃の巨人はマンガファンとして一応確認しただけで、それ以上を望むつもりはありません。 だって完結できない物語をアニメ化したってダメになることがわかりきってるから・・・
「銀河機攻隊マジェステックプリンス」は謎の勢力(宇宙人?)に対抗するために5人の落ちこぼれメンバーが最新鋭のロボットで戦うお話です。 全体的に登場人物はコミカル路線だけどベースの戦争はシリアスっていう色合いです。 5人の主人公は並列な扱いでそれぞれが「ザンネン特性あり」なキャラという設定で、視聴者の大半のアニメオタクにとってはくすぐりもたっぷりです。 ワキを固めるキャラにもそれぞれメリハリの効いた設定を用意しています。 メカアクションもハヤリのロボットデザインだし速さと綺麗さを兼ねそろえた作画です。
マジェステックプリンスはアニメファンが観たいと思うようなことをすべてぶち込んだような作品です。 言い換えればハード設定もソフト設定もファンの希望通りの内容で、制作者サイドのオリジナルな部分がまったく感じられないアニメになっちゃっています。

 下記は「マジェ・プリ」のホームページのイントロダクションからの引用です。

『 本作は、「刀語」「ヨルムンガンド」で戦いの在処を追求してきた元永慶太郎を監督に迎え、「機動戦士ガンダムSEED」「蒼穹のファフナー」等で、個性豊かなキャラクター達を描き出した平井久司がキャラクターデザインとして参加。そして、「宇宙からの侵略者と若者達との戦い」をコンセプトとした普遍的王道ストーリーが「けいおん!」の吉田玲子の手によって躍動的に紡ぎ出されていく、完全オリジナルロボットアニメーションです。
制作は、「ゆるゆり」「夏雪ランデブー」等で魅力的なキャラクターを描写してきた動画工房と「コードギアス 亡国のアキト」「インフィニット・ストラトス」等、ハイクオリティなメカアクションで定評ある制作会社オレンジのコラボレーションにより、表情豊かなキャラクター達と縦横無尽に繰り広げられる3DCGロボットアクションが融合し、緻密でダイナミックな映像が繰り広げられます。』

今までヒットしたアニメ作品から集めてきた究極のスタッフで構成しているようです。 自分には知らない作品や知らない名前ばっかりですが、アニメファンにとっては究極のスタッフなのでしょう。 そーいう意味ではこの作品はアニメファンの要望をすべて満たしている作品と言えるかもしれません。 これが先ほどの「アニメファンには納得できるクオリティー・・・」ということです。 そういうアニメファンも否定できないし、その方々がアニメ業界を支えているのは間違いないでしょう。 彼らを満足させるには、彼らの好きだったアニメの“受けた要素”を集めて作品にするのは賢い方法です。 でも、この方法論は正しいやり方といえるのでしょうか?
5人の主人公たちはアニメやラノベのいつもも口調で台詞をしゃべります。 眼鏡クンはいつも通りの安定だし、巨乳幼女のだにょーっ子もヒーローかぶれもいつも通り。 お姉さんキャラの上官やおっぱい担当、いけすかない司令官、エリート部隊の3人組などすべてのキャラがどこかで見たようなキャスティングです。 戦ってる敵もいつも通りの謎の組織と謎のテクノロジー。 主役ロボットとのシンクロ率が高い子供を無理矢理パイロットに育てるなど、びっくりするほど新しいものがなにもありません。 
ホームページに書いたあった『完全オリジナルロボットアニメーション』というには「どこかで観たことある感」が満載です。 わかりやすい例ではロボットにスポンサーがついてボディに広告がペイントされるエピソード。 某アニメのパクリというよりも、ネタとして受けていたから取り入れちゃったみたいですね。

 アニメファンが観たいと思う願望を叶えることで大ヒットしたのが「ヱヴァンゲリヲン」です。 コンセプトは女子中学生(綾波レイ)、謎の組織(エルフ)、同居のお姉さん(ミサト)、謎のセリフ(碇司令)、心の闇(主人公)、ヘンな敵(使徒)、その他に委員長、アルピーヌ、東宝特撮、リアルっぽいメカ描写、本格っぽいSF考証、宗教っぽい世界観など。 だいたいが「~っぽいアニメ」っていうのがテレビシリーズを観たときの感想でした。 このアニメの監督はアニメオタクがプロになった人なので、「アニメオタクの心理」を的確に攻撃した作品が作れたんだと思います。 こーいう「あざとい作品」は作り手が無責任な感じがしてイヤだなぁって思っていましたが、やっぱりアニメファンはエヴァに乗っかってしまったようです。 当初から破綻してるストーリーなのが見え見えでしたが、案の定2013年になっても完結できていませんね。 監督が「すみませんでした」って謝っちゃえば解決するんだけど、意地になって劇場版を作り続けてる姿は菅 直人にかぶって見えます。 18年も問題を先送りしてきた理由は、彼にはエヴァしかないからです。 


 前回の日記の「宇宙戦艦ヤマト2199」は「マジェ・プリ」と違ってリメイク作品ですが、元になった「ヤマト」は完全オリジナルSFアニメです。 でもこの作品のような「あの作品の脚本家」とか「あの作品のキャラデザイン」といった制作メンバーでもないし、こーいうアニメが受けるといったリサーチで作っていたワケでもありません。 むしろ制作意欲が空回りした失敗作です。 その中で古代クンや森雪、沖田艦長、真田さんはアニメ史に残るキャラクターです。 ルパンにしてもアムロやシャア、セーラームーンなども過去にいなかったキャラです。 それらはオリジナルを作るという意欲によって生まれるキャラです。 「マジェ・プリ」のキャラが番組終了後にもファンの記憶に残るとは思えないんですよね。 むしろどのアニメだったのかも思い出せなくなりそうです。
「最近のアニメは・・・・」っていうくくり方も乱暴なんですが、ハルヒやけいおん!のような学園モノやフェイトみたいな血なまぐさいの、刃物で首とか切り裂いて「壊れちゃうよ」とか言うやつ、誰と何で戦うのか主人公が知らないSFなどをくり返しているようです。 なぜくり返すのかといえば成功体験だからでしょう。 自分で新しいアニメを考える苦労はコストやリスクを考えると得策じゃないという判断かもしれません。 制作委員会の都合で何かに似ていないとスポンサーを説得できないのかも?  「面白い作品を作る」ということと「面白いと言われてる作品を作る」のは似ているようでまったくの別モノです。
ここでいう「同じような企画をくり返すアニメ」が好きなアニメファンも多いでしょう。 その場合はこーいう作品を何度も観たいから「次も同じような設定で頼みます」って意見でしょう。 「男はつらいよ」が49作もあるんだから日本人には作品をくり返し作ることが好きなのかもしれません。 しかし、そーいうのばっかりだと「いつもの日替わりランチ」を毎日食べてるだけで「スゴく美味しいハンバーグ定食」を食べることができません。 山田洋次監督が「今回の寅さんは最高傑作を作るぞ!」とか思わなそうでしょう。 

 ネットなどでアニメファンの作品へ批評するときに気になるのは「~よりも面白い」とか「~のアノキャラほど悪くない」など、多くの人がほかの作品と比べる相対評価になっていることです。 本来、面白いかどうかは絶対評価でしか計れないはずです。 一般にマンガの「銀の匙」は何々というマンガよりも面白いとかで評価しないものです。 相対評価だけで判断すれば「マジェ・プリ」はそうとう高い評価になりそうです。 だって、ほかの作品の要素を“全部のせ”したアニメだから。 しかし、それはガストとデニーズのハンバーグを比べているようなもんです。 ファミレスの中でどこの店が美味しいのかを議論しているけど、「ファミレスから出て他の店に行かないの?」って聞いてみたいです。 ほかの店で丸いハンバーグを食べたい人がいても、すべての店がファミレスになっちゃってるのが現状なんだけどね。 ほかの店がないからファミレスっていうのはわかりますが、子供たちがファミレスのハンバーグの味に慣らされてしまうのが心配です。 それこそが企業側の思惑です。 効率のよい美味しさを追求した結果があのハンバーグだから。

「ほぉ」って思ったら押してね

● COMMENT ●

こんばんは
私はアニメファンなわけではないのですが(マジェスティックプリンセスと聞いて、ディズニープリンセスだと勘違いしていたくらいです)、リズム感の良い文章と、面白い視点からの切り口が楽しくてつい読み入ってしまいました。
ファミレスにたとえられた話は良く分かりました。
確かに評論家になるために観たり食べたりするのでなく、自分が楽しめ、美味しいと思えることを追求するほうが大切ですね('-'*)
 
 

花 さん、いらっしゃいませ。

アニメを何とかしたいのか、ファミレスを何とかしたいのか判りにくい文章ですよね。

よーするに「ハンバーグを何とかしてくれ」という日記です。

「BIG BOY」のハンバーグは丸かったです。 値段は高かったような記憶ですが・・・

なるほど

面白い考察で唸ってしまいました。
深夜やってるアニメとかあまり興味ないのですが、そういう感じなのですね。
昨日ちらっと観たやつもどこかで観たことあるようなやつで、新鮮さはなかったですね。特に顔がみな同じで…

はじめまして。TOHOが絡んでるので私は最初から期待していませんでした
ロボットものはあそこには向いてないと思っているからです
成る程と思う感想と思います

碧の流星 さん、いらっしゃいませ。

深夜のアニメのすべてがそういう感じというワケではないんでしょうが
「そういう感じ」に作っておけばOKっていう空気はあると思います。
顔がみな同じって思われちゃうのは致命的ですよね・・・

甘エビver.2さん、いらっしゃいませ。

この「マジェプリ」は東宝がらみの作品なんですか。
東宝+フィールズ+角川で劇場版決定?
フィールズでパチンコ化も決定?

お久しぶりです。
自分は未視聴なんで、このアニメそのものについては何も言えないんですが。
言えないんですが、既存作品で実績のあるスタッフを真っ先に押し出してるのは、大抵が面白くないってイメージです。映画なんかも同じような……

業界が安定化しようとしすぎて先細っていってるように見えます。いやまあ、博打を打てなどとは言えませんけれど。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Me262さん、いらっしゃいませ。

お久しぶりです。

スタッフが誰だとかはアニメや映画にあまり詳しくない“善意の第三者”のファンには
どーでもいいことなんですよね。
誰が作ってるか?には興味のない人たちを感動させないといけないんです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://likea777.blog33.fc2.com/tb.php/140-bf7a2af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サポーターのあれこれ «  | BLOG TOP |  » 出渕 裕の作るヤマト

管理人のらいかです

マンガを描くという事を目標にして
マンガの描き方を考えるブログです
(ネタバレの可能性があります)

は記事の内容に「ほぉ」と
思えたら押して下さると嬉しいです

最新記事

訪問していただいた人数

月別アーカイブ