topimage

2020-06

10年戦えるパソコン - 2013.03.28 Thu

新しいパソコンの購入計画です。

 自分のパソコンは10年落ちのVAIOです。 10年は使えるように当時のスペックで一番大きい箱のモデルを買いました。 噂のソニータイマーモデルではなかったようで、一度もメカトラブルなどは起きませんでした。 モニターはワコムの液晶タブレットを使っているので、昔からタブレットパソコンを使っているようなものでした。 
基本的にコミスタ専用のパソコンなので、不審なサイトや不用なソフトには一切さわらないようにしてきました。 コミスタとは、いつも自分の日記に描いてるお絵かき用のソフトです。 
時代はすでにウィンドウズ8ですが、ウチのXPでもまったく問題がないので「このまま10年は・・・」って思っていました。 実際に10年が経ちコミスタがクリスタに進化しました。 「コミスタのユーザーは無料で使える」の誘いでインストールしたのですが、Cドライブの容量が一杯になっちゃってました。 
クリスタそのものは使い方が解らないので放置状態だったんですが、コミスタも「容量が足りません」とかメッセージが出るように・・・ Cドライブの残量が1.6 Gしかありません。 Dライブはスカスカなのに。 クリスタ導入者の方々のコメントで遅いとか重いとか言われてるようなんですが、ソフトの動作環境に「良いグラフィックボードを使え!GeForce推奨」って書いてありました。 マイクロソフトがXPを見切った現在、パソコンの買い換えは検討課題だったんですがコミスタが使えないと日記の絵が描けないので問題です。
しかもヨドバシカメラで、決して見まいと思っていたワコムの新型液タブを見ちゃいました。 噂だけ聞いていた「Cintiq 24HD touch」 24型で画面を指でくるくる廻せるヤツです。 総重量28.6kgで設置する机を選ぶタブレットです。 久々に一目惚れしました。 今、持ってるパソコンの容量やコミスタに関係なく、ワコムの液タブがOSをウィンドウズ7しか認めていないので新しいパソコンが必要になりました。

 本当はVAIOを使いたいのですがソニーがデスクトップから撤退していました。 時代はノートPCからタブレットへという流れで、ヨドバシカメラのパソコン売り場でもデスクトップを見ている人はあんまりいませんでしたね。 漠然としたイメージですが外国のメーカーよりも日本のメーカーのほうが信頼に足りるだろうと思います。 米国のD 社や中国のN 社のほうが低価格そうなんですが、最安値のパソコンを探しているワケじゃありません。 自分が欲しいのは、今後の10年を戦えるパソコンです。 
国産だとNECと富士通とエプソンかな?っていうくらいの低知識です。 東芝とかパナソニックとかもありましたが、これらのメーカーはテレビ付きパソコンが売りたいようでした。 それだったら37型テレビとBLを買ったほうが・・・って思います。 事前にアタリをつけておいたエプソンなんですが店頭に棚がありません。 店員さんに聞いたらエプソンは「取扱いが無い」との返事。 ヨドバシカメラだけじゃなくてアキバのどこにも売っていないらしいです。(有楽町のビックカメラにはある)
店頭に無いとなると逆に興味がわいてきました。 エプソンは長野にある会社で、J2の松本山雅FCのスポンサーです。 松本山雅は好きなチームなので、そのスポンサーの企業も基本的に良いイメージです。 ネットでエプソンダイレクト(直販サイト)を見てみるとイイ感じのタイプがありました。 他メーカーにくらべてもデスクトップの種類が豊富です。 しかも一番の懸案事項だったOSがウィンドウズ7を選べるとのこと。 どーもウィンドウズ8の評判が良くないのに店頭では全てウィンドウズ8しか選べないって言われてました。 ウィンドウズ7があるというだけでエプソンの1択になりました。 しかし「プリンターならともかくエプソンのパソコンってとうなの?」という疑問もあります。 会社の企画室でパソコンの師匠にエプソンの評価を聞いてみました。 なんと彼は鼻で笑いましたよ! 「エプソンなんか使ってるのを聞いたことがない、富士通にしとけ!」という見解でした。 「だいたいネットをちょこちょこっとやるんならノートで十分だよ」って言われましたが、お絵かきソフトとか液タブとか説明するのが面倒なので「最強のパソコンを目指す」と答えておきました。

 エプソンダイレクトの購入方法はオールカスタムなので、ベースのパソコンを決めたら構成部品をクリックしていくと好みのパソコンが出来上がるシステムです。 10年戦えるパソコンの希望は最強のCPUと最強のグラフィックカードです。 外観の格好よさとプロという響きの良さで「Endeavor Pro5300」というタイプに狙いをつけました。 構成を調子にのってポチポチ押していくとあっという間に20万の大台を突破しちゃいます。 10万からのグレードなのに、何度やり直しても23万くらいはするようです。 これなら自作のほうが安いんでしょうがそんな知識もありません。 イメージは日産のGT-Rのような「チューンドカーだけど吊るし(メーカー保証有)」って感じです。 オーバークロックが出来るCPUも選べるようなので、二ノ宮知子さんの「87 CLOCKRS」の世界がちょっとだけ体感できるでしょう。 自分はやらないけどね。

10年戦えるということは10年壊れないということでもあります。 それは故障などのサービスも含めての話です。 基本が不精者で新しいコトを覚えるのが苦手だから10年は買い換えなくてもすむようにしたいんです。 エプソンも数年で個人向けパソコンから撤退するかもしれません。 10年後には四角い箱のパソコンは消滅してることでしょう。

「ほぉ」って思ったら押してね

Cドライブの容量不足は増えるファイルをよそへ移動すればいいんじゃないかいな?というアドバイスをいただきました。
普通はそう思いますよね。 自分もそう思いました。
でも、画像などいくら捨ててもコミスタの要求値に達しないんです(泣)

なんでハードディスクをCドラとDドラに分ける必要があるのか理解できません。
今度のは2TB丸々使えて広々ドライブです。 SSDもなしです。(自分が理解出来ないから!)
 

● COMMENT ●

EPSONは信頼にたるPCです

EPSONのPCは、現在二男が貴下向き??の利用方法で、カスタマイズしたノートPC(XP)をオーダーして使用しております。
同社は、WINDOWS95騒動の折にも、NEC程の権力がなかったためか、最後まで抵抗して玉砕したメーカーでした。
EPSONダイレクトは、カスタマイズが得意なようですので、必ずしや貴下のPC環境に即したマシンを提供してくれると思いますが、これはあくまでも私の主観ですのでご参考まで。
尤も私の現在使用しているメインマシンは、某ショップのデスクトップとノートをカスタマイズして使用していますので、私自身EPSON・PCは使っておりません。
勿論スキャナ、プリンター等は全てEPSONですけどね。

MK さん、いらっしゃいませ。

誰かの「エプソンなんて・・・」って声を聞くと動揺しちゃうんですが、「信頼にたる」って聞くと安心しちゃいます。
ネットの批評は必ずネガとポジが両面なので、自分はMKさんの意見に乗っかりたいと思います。
でもデルとかのほうが同性能でも安いですね(泣)

D◯LLのPC

D◯LLのPCの件ですが、勤務先のPCをIBM系のデスクトップから、親会社の意向により、D◯LLのノートPCに、貸与という形式で順次切り替えております。
しかし、『D◯LLタイマー』が仕込んであるとしか思えない程、貸与された半分以上が1月以内でマザーボードが逝っちゃいました。
一応初期不良でオンサイト修理をしてもらいましたけどね。
私も個人的に同社のノートを使っておりましたが(今は嫁の朝鮮ドラマDVD再生装置)、勝手にスリープして起床(笑)しない事が度々あります。
D◯LLのPCは、某国で組み立てますから安いのでしょうが、それを考えるとねぇ。
因みにEPSONは、本邦で組み立てているようです。
パーツはどちらも某国製でしょうけど(笑)。

日本製品が売れなくなる瞬間

もともとは日本のお家芸だったパソコンや家電商品はなんで韓国や中国、台湾に押されっぱなしなのでしょう? それはそれらの商品の価値が低くなったからかもしれません。 
「アジア製の低コストと、人件費の高い日本製では価格競争力がない」なんて経済評論家が言ってそうですよね。 「日本製でもアジア製でも欧米製でも品質が一緒」だからコスト勝負になるとか。 しかし最初のころはLGのテレビなんか日本では売れていませんでした。 安いLGが日本に入ってきたからLGが売れたのは間違いありません。  液晶テレビの売れ始めのころはLGなんか選択肢の中に入ってなかったハズです。 ではそのタイミングでLG製品が日本で売れ始めたのでしょうか? それは大型液晶テレビがすごい豪華な商品から誰でも手の届く商品に変わったからです。 1インチ千円になると熟考しなくてもお店でオススメ商品でもいいかな?っていう気楽さで買えます。
これは物価が下がったと同時にテレビやパソコンの商品価値も下がっちゃったといえます。 自分が10年前にパソコンを買うのには一大覚悟が必要でした。 「失敗の許されない買いもの」だったから。 商品価値が高い場合は安いアジア製が店頭に並んでいても高い松下電器を買っちゃうモンです。 「アジア製の性能が日本に追いついた」なんてことは消費者レベルではどーでもいいことです。
商品価値のボーダーラインは「いつか欲しい」と思うかどうかです。 携帯電話が普及する過程で人気機種とかがありましたが、1円携帯とかが出ちゃうと「何でもイイ」という空気になっちゃいます。 そのせいで利益の出ない国内メーカーが携帯から撤退するハメになっちゃいました。 そうなうとLGはコストが低いので有利です。 1円というのは商品価値を捨てたということです。
アップルは「高くてもマックが好きなら買いに来い」という姿勢で商品価値を維持してきましたが、自ら価格競争に乗っちゃったみたいなので日本メーカーと同じ末路なんじゃないのかな?
高額ゆえにアジア製を受けつけない商品は自動車です。 100万を越す金額を払うときにヒュンダイの自動車を選択肢に入れるひとはあまりいないようです。 べつに韓国製の自動車が壊れるとか乗り心地が悪いわけじゃありません。 だって誰も乗ったことがないんだから。 
1眼レフカメラやビデオカメラも国産が強い気がします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://likea777.blog33.fc2.com/tb.php/134-69edcdd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エンデバーが来た! «  | BLOG TOP |  » 本家、マンガ大賞2013

管理人のらいかです

マンガを描くという事を目標にして
マンガの描き方を考えるブログです
(ネタバレの可能性があります)

は記事の内容に「ほぉ」と
思えたら押して下さると嬉しいです

最新記事

訪問していただいた人数

月別アーカイブ