topimage

2014-11

幸せな結末 - 2014.11.29 Sat

浦和レッズレディース 2014シーズン年間優勝!

 なでしこリーグの年間順位を決めるエキサイティングシリーズの最終節が24日あり、浦和レッズレディースが5年ぶりの年間王者に輝きました。 最終節は得失点差の関係で“ 負けても優勝 ”という状況でしたが、案の定“ 負けたけど優勝 ”という珍しい決着のしかたでした。 感無量で泣く出すサポーターもいるかと思えば、まさかの失点で苦笑いの中の優勝って感じでした・・・ しかし、年間王者とはシーズンを通して積み上げてきたモノを比べての勝ち負けです。 選手もスタッフもサポーターも誇り高き瞬間を迎えました。 「 いいサッカー 」とか「 勝ちにこだわる 」とか言っていた男子レッズたちも、レディースの「 優勝にこだわる姿勢 」には感化されたようです。

   レッズレディース 年間優勝 おめでとう!
  
  ブログ画像 レッズレディース 優勝 JPEG

 話は2年前にまで戻りますが、この年のオフにそれまでのレギュラークラスがこぞって退団してしまいました。 監督を5期勤めレッズレディース優勝の経験もある村松監督も勇退してしまい、2013シーズンはまったくの手探りの状態でスタートしました。 抜擢された手塚貴子監督はLリーグ時代の往年の名選手で女子U-20のコーチをしていた方でした。 キャリアは華々しかったけど監督経験は無かったので手探りでのチーム作りだったようです。 しかもチームの軸になっていたベテランもこぞって退団。 まさに迷走の一年で優勝どころか降格の危機になり、相次ぐ監督交代劇のすえ吉田監督がなんとか1部残留を果たしました。
サポーターとしても2014シーズンは「 優勝を目指すよりもチームを立て直してくれ 」って気持ちで始まりました。 キャプテンの三知も「 開幕前のレセプションでよそのチームが優勝を口にするのに自分はソレを言えなかった 」とのこと。  サッカーというのは不思議な競技で、圧倒的な戦力が必ずしも勝つとは限りません。 INAC神戸は圧倒的な戦力で3連覇していましたが今年の開幕戦でレッズレディースはINAC神戸に3-2で勝利しました。 2度追いつかれるも突き放しての勝利。 前年度は不振だった猶本さんの2ゴールでの快勝でした。 歯車がかみ合わなかった去年の苦労も、選手の成長には意味があるものでした。 レギュラーシリーズは安定した戦いで首位をキープするも、あと1勝すればっていう終盤に4戦勝ち無しで3位に転落。 全員が若手というチーム構成のもろさが露呈しちゃいました。
負けて成長できるのも若者の特権で、エキサイトシリーズ( なでしこリーグは今季から2ステージ制 )では6勝2分2敗で優勝! リーグをコントロールしての快勝といえます。
大会MVPにはキャプテンの後藤三知選手、新人賞には乗松瑠華選手、ベストイレブンには高畑志帆選手、乗松瑠華選手、猶本光選手がレッズレディースから選ばれました。
三知は去年のシームの不振をすべて背負い込んじゃったんですが、今年もリーダーシップを発揮して優勝に導いてくれました。 サポーターも「 三知にトロフィーを上げさせたい 」という思いでしたから。

 レッズレディースの優勝の陰でINAC神戸の1強時代の終演が今年のトピックスでした。 戦力、資金、環境がすべて整った人気チームですが、今年は年間6位に沈みました。 印象としてはINAC神戸が弱くなったというよりも浦和、湯郷、新潟、千葉が強くなったって感じです。 INAC神戸には勝つためのビジョンやチームのまとまりが最後まで感じられませんでした。 一年を通して「 こんなハズじゃない 」とか「 INACはもっと上にいるべきだ 」って選手は思っていたんでしょうが、そーいうコメントは危険水域の一歩手前って状態です。 なでしこブームを牽引し観客動員数を引き上げたのは間違いなくINAC神戸なんだから、「 このままでは終わらないだろ 」ってエールを送りたいですね。

 レッズレディースもよそのなでしこリーグと同じく全員がアマチュア選手です。 お勤めのOLさんや学生が集まって練習したり公式戦をしたりしています。 ソレを美談で語るのは簡単ですが、サッカー選手としての身分を考えるとJ リーグとは雲泥の差です。 各クラブチームも「 試合は全力を尽くせ でも給料は払わん!」っていうのはおかしな話です。 J リーグの選手で結婚するから引退しますというのも聞いたことがないですよね。 浦和レッズレディースには過去に4人のプロ選手がいました。 でもいまは全員がアマチュア登録です。 せっかく浦和レッズというビッグクラブ?の傘下にいるんだから、INAC神戸のように選手の身分保障にも取り組んで欲しいです。 レッズレディースはユース世代もジュニアユース世代も強いんだから、これから頭角を現す未来の選手たちへの道筋をつけることも常勝チームを目指すクラブの責任だと思います。


J リーグの浦和レッズの優勝記事を書くつもりだったんですが、あまりにもそんな状況ではなくなっちゃいましたのでレディースの優勝記事になりました・・・(泣)
レッズレディースはネスレカップ国際女子サッカー選手権、皇后杯と戦いはまだまだ続きます。 サッカーファンにとってシーズンが終わらないのは何よりの幸せです。

「ほぉ」って思ったら押してね

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

管理人のらいかです

マンガを描くという事を目標にして
マンガの描き方を考えるブログです
(ネタバレの可能性があります)

は記事の内容に「ほぉ」と
思えたら押して下さると嬉しいです

最新記事

訪問していただいた人数

月別アーカイブ