topimage

2013-08

大井川鐵道の旅 2 - 2013.08.15 Thu

大井川鐵道の続きです。

 今回は新金谷駅からSLに乗るまでのお話です。 本物の「乗り鉄」の方や旅行に詳しい方々にはそんなに難しいことではないんでしょうが、実際にSLに乗るにはどうすればいいのでしょう? ここで簡単に大井川悦道の乗り方を説明しましょう。
出発駅は新金谷駅です。 JR 東海道線の金谷駅で乗り換えて1駅目です。 金谷駅は掛川駅の隣の駅なので、新幹線(こだま)から乗り換えでもOKです。 
11時45分発の「かわね路1号」が毎日定時便として運行していますが、行楽シーズンには「かわね路11号」と「かわね路13号」が増便されます。 自分が乗ったのは9時57分発の「かわね路11号」でした。 上りにも「2号」「12号」「14号」がそれぞれあります。
座席の予約はメールや電話でできます。 客が増えると客車の数連結を増やして対応していそうですが、季節によっては満席の場合もあります。 前記のとおり新金谷駅に行くだけでも一苦労なのに「乗れませんでした」ってことになったら奥さんやお子さん、彼女が大ブーイングです。 自分は一昨年がこの「行ったけど乗れなかった」ケースでした。 まぁ Fくんだから問題はなかったんですけどね。



 ダイヤで注意しなきゃいけないのは、下りの「かわね路11号」と上りの「かわね路14号」は“SLくん”の可能性が高いことです。 このSLくんの機関車はランバ・ラルのグフのような青く塗られたC11で、「なんで塗っちゃったんだよぉ」っていうガッカリ機関車です。 本来のSLの動態保存というコンセプトからも「どうなの?」っていう感じは否めません。 従業員のひとりが思いつき?でやっちゃったらしいのですが、過去にも「小田急のロマンスカーを思いつきで購入したけどメンテが面倒くさくて放置する」などやらかしちゃています。 鉄道会社というよりも学園祭のノリなのかもしれません。 SLくんの仲間でSLマンというサザビーのような赤に塗られた機関車もあったようです。 こっちはアンパンマンとのコラボ企画でした。

 座席を予約するときには一緒にお弁当も予約することをオススメします。 そうすると画像のように座席にお弁当を置いといてくれます。 お弁当は「大鐵フード」という新金谷駅の裏に工場がある関連会社の商品です。(オリジナルのお茶缶付き) 降りた先にめぼしい食事処が少ないのと、汽車の旅ではやっぱり駅弁を食べるのが王道だと思います。 乗車時間が想像以上に長いのでお弁当を広げるとちょうどよく時間がつぶれます。

「ほぉ」って思ったら押してね

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

管理人のらいかです

マンガを描くという事を目標にして
マンガの描き方を考えるブログです
(ネタバレの可能性があります)

は記事の内容に「ほぉ」と
思えたら押して下さると嬉しいです

最新記事

訪問していただいた人数

月別アーカイブ