topimage

2012-08

宮崎駿の後継者宣言? - 2012.08.19 Sun

前回の「おおかみこどもの評判」の続きです。

 8月17日にラジオで宮台真司さんが「おおかみこども・・・」についてのコメントが興味深かったです。 宮台さんって誰?って方も多いでしょうが社会学者で大学の先生です。 文化人類学や社会学者、経済学や心理学者等、80年あたりから大学の先生や文化系評論家がマンガやアニメを分析したり解説したり“ダメだし”したりしする傾向が強くなりました。 そーいったエライ人たちの言う「概念」とか「隠されていた本質」とかはマニアの方々の理論武装の道具にもなっていましたから、持ちつ持たれつの関係とも言えます。 岡田とか夏目とか氷川とか・・・

 今回は宮台さんが「おおかみ・・・」をどう観たかを中心に考えてみましょう。
『時かけは主人公の“断念”「サマウォ」では“家族の絆”が描かれている。 おおかみでは“断念”と“家族の期すな”の両方を入れ込んだ作品』 (だんねん=断念)じゃないかも? べつの漢字があるのかな?
多くの批判意見「世の中そんな甘くはないだろ」などの前回に日記のようなネット意見は「どうでもいい」「映画とは所詮もともと荒唐無稽なものだから、そんなことゴチャゴチャ言ってたらどーにもならない」とのこと。
映画なんか所詮・・・っていうのも乱暴な感じですが、映画批評はどこも横柄なモンですからね。 ソレよりも『この作品は宮崎駿さんに対する後継者宣言』ととらえるべきだそうです。 
『この作品は「崖の上のポニョ」とよく似ています。「ポニョ」は半漁人 「おおかみ」はおおかみこども 恋する男の子が宗介と草介 ラストは洪水。 しかも断念するシーンでは「もののけ姫」森に帰るもののけ姫とアシタカの別れ 森を選ぶ雨との別れ』

『この作品はすべて宮崎駿からの引用から成り立ってるんです!』と宮台さん豪語。

えっ? 引用・・・?

『宮崎駿さんにできることはボク(細田)にもできますよぉ~というデモンストレーションなんですよ』

ええっ?

『どうしてブログとか書いてる方は気づかないの?』

いや・・・気がついても細田ファンなら言わないんじゃ・・・

 宮台さんは以前から公言しているジブリマニアです。 各作品を10回も20回も観たとも豪語しています。 自分はそんなにジブリを評価している方と意見が合うとは思えません(笑) だいたい20回も観なきゃわかんないほどのアニメかなぁってちょっとだけ思います。 しかも細田 守さんの作品も好評価です。 今回のコメントも当然「おおかみ・・・」のすばらしさを語っているんですが・・・
「引用」って認めちゃうのはスゴイことですよね。 引用とは英語で「tousaku」フランス語で「pakuri」ロシア語で「taninnohundosi」と言います。 この作品は細田さんの初のオリジナル脚本とのことでした。 ネタ元が宮崎アニメって「どこがオリジナルなんだよ?」っとことでしょう。 そもそもなんでそんなにジブリにこだわるのか? 引用するくらい好きならジブリに入社すればいいのに。 入れてもらえるでしょあっちも人材不足だから。
映画館で一般客は宮崎駿さんやジブリ作品なんか存在しないで唯一「おおかみこどもの雨と雪」を観ているんです。 そこで「あっ・・・ここはポニョだ ははーんこれはもののけ姫のあのシーンだな・・・」って思っちゃうのは興ざめです。 カット(絵)やセリフが似てるのなら“くすぐり”ともいえますが、脚本レベルで「引用」ならばただの盗作のような気もします。 でも映画って「オマージュ(本当に仏語)」とかいってルーカスクラスが平気でやってるから、映画ファンにはむしろ「そこが楽しみ」なのかもしれません。 宮台さんは学者なので論文や著書、ネットへの書き込みで「引用」が当たり前なんだと思います。 だからラジオで堂々と「盗用(引用)アニメ」と叫べるんでしょう。 でもそれは宮台さんの得意な表現で言うところの「宮崎駿のケツ舐めアニメ」に過ぎないです。  
ぜひ宮台さんは細田さんと対談して「今回の作品は見事な引用でしたね」と言ってあげて下さい。 きっと「あっ 気がつきました? 解ってくれて嬉しいなぁ」ってなるでしょう。

 前回の日記を書いていて印象に残るのは「この作品はいままでの細田作品と違うから」っていうフレーズ。
細田さんは実質長編アニメは今回で3作目です。 それこそ「今回は違うから」というのは宮崎さんくらいのキャリア(作品量)があっての言葉でしょう。 だっていままでが2作品ですし、ファンの批評をみると「時かけ」と「サマウォ」でも違うテイスト扱いみたいです。 最初が「グー」2作目が「パー」で今回が「チョキ」だったら違うも何も普通に手の内の中でしょう。 スピルバーグが「ジョーズ」のあと「未知との遭遇」で今度のスピルバーグは違うって誰もが思ったら、それ以降の作品がすべて違う作品だったように。 10作くらい作ったらその中に細田らしさがでてくるんじゃないのかな? なんだか細田さんもアニメファンも細田らしさ=細田アニメというブランドを早急に作りたがってるような気がします。 だから、「引用」してまで宮崎駿越えをしなきゃいけなくなっちゃうんでしょう。

映画の話なので映画で例えましたが、ルーカスやスピルバーグっていかにも映画知識がなさ過ぎですね(笑)
だって格好いい映画監督なんて知らないし・・・

「ほぉ」って思ったら押してね

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

管理人のらいかです

マンガを描くという事を目標にして
マンガの描き方を考えるブログです
(ネタバレの可能性があります)

は記事の内容に「ほぉ」と
思えたら押して下さると嬉しいです

最新記事

訪問していただいた人数

月別アーカイブ